【やっぱりそうか!?】チック症の芸能人23人を総まとめ!言われてみれば気が付くあの人のあの仕草!

みなさんは『チック症』についてご存じですか? 詳しくは知らないけれど、言葉は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、チック症とはどのようなものか、例えばどのような芸能人が当てはまるかなどについて調べてみました。

 

読んでいるうちに、思い当たることが見つかるかもしれませんね。

チック症とはどんな症状か

引用元:Google検索

チック症とは、自分の思いとは関係なく勝手に体が動いたり、声が出てしまうなどの突発的な症状が出る病気のことを言います。

 

子どものころに多い症状ですが、大人になるにつれて症状が治まっていくことも多いようです。

 

チック症には大きく分けて2種類あり、体の動きとして出るものと、声などのとして出るものがあります。

体の動きとして出るもの(運動チック として出るもの(音声チック
・まばたきをする
・顔をしかめる
・口を曲げる
・鼻を動かす
・首をふる
・肩を上げる
・咳払いする
・鼻を鳴らす
・叫ぶ
・汚い言葉を繰り返す

チック症の原因について

チック症の原因についてはまだ解明されておらず、はっきりしたことがわかっていません。

 

今のところは、親からの遺伝や脳の神経伝達物質の異常のほかに、ストレスや疲労の影響も大きいのでは?と言われています。

 

大人になってから症状が出ることもあり、ストレスに満ちた今の社会では、誰がかかってもおかしくない病気だと言えますね。

チック症とトゥレット症候群の違いについて

引用元:MSDマニュアル

チック症には、体の動きなどの『運動チック』と声などの『音声チック』がありますが、その両方が1年以上みられる場合、『トゥレット症候群と診断されます。

 

つまり、運動チックと音声チックの両方が1年以上続くかどうかが、チック症とトゥレット症候群の違いとなり、どちらか片方だけであったり、1年以上続かない場合は、チック症ということになります。

 

運動チックや音声チックの両方が1年以上続くとなると、生活にも影響が出て、かなりつらそうですね。

チック症(トゥレット症候群)と噂されている芸能人23人を紹介する!

チック症やトゥレット症候群の説明を読んでも、もうひとつピンと来ない方がいるかもしれません。

 

次に、チック症(トゥレット症候群)と噂されている芸能人を見ていくことで、どのような症状かを考えていきましょう。

 

あいうえお順でご紹介していきます。

青木裕子

引用元:Google検索

元アナウンサーで、ナインティナインの矢部浩之さんと結婚した青木裕子さんは、10年ほど前の番組出演中にまばたきが多かったことから、チック症では?と指摘されていました。

あきら(Kan & Aki’s CHANNELかんあきチャンネル)

引用元:Google検索

YouTubeの人気動画チャンネル『Kan & Aki’s CHANNEL』に出演しているあきらさんは、動画の中でのまばたきが多いことから、チック症との噂が出ていました。

 

あきらさんはまだ中学生で、動画によっては症状を感じないときもあるようですね。

あのちゃん(ゆるめるモ!)

引用元:Google検索

元『ゆるめるモ!』のメンバーで、現在はソロとして活動しているあのちゃんは、グループ在籍時に目を強くつぶる行為や口をとがらせるなどの行動から、チック症などの噂が出ていました。

 

あのちゃんはお菓子しか食べないことも明かしており、噂に拍車をかけているようですね。

石原慎太郎

引用元:Google検索

作家・政治家で2022年に亡くなった石原慎太郎さんは、演説をするときなどに、目をパチパチさせたり、ぎゅっと閉じる表情をよく見せていました。

岩橋良昌(プラスマイナス)

引用元:Google検索

お笑い芸人『プラス・マイナス』の岩橋良昌さんは、やってはいけないことを、やりたくなってしまうクセがあることで知られ、ネタにもなっていますね。

 

その落ち着きのないさまざまな動作から、チック症かトゥレット症候群ではないか?と噂されていましたが、岩橋さん本人が2022年に病院へ行った結果、『強迫性障害』と診断されたことをXで明かしています。

大沢あかね

引用元:Google検索

3人の子どもを育てるママタレントとして、情報番組などに出演している大沢あかねさんは、2018年までレギュラーを務めた朝の情報番組『スッキリ!!』において、まばたき目をつぶる仕草が増えたことから、チック症の噂が出ました。

大野智(嵐)

引用元:Google検索

現在は活動休止中である嵐の大野智さんには、目をつぶるときに右の頬がピクッと動くクセがあり、チック症ではないかと噂されていたことがありました。

吉川晃司

引用元:Google検索

最近はドラマで見る機会も増えた歌手の吉川晃司さんは、インタビューなどで目をぎゅっとつぶってから話し始める表情をよく見せています。

 

歌っているときは感じないので、ストレスが原因で出るクセなのかもしれませんね。

くわばたりえ

引用元:Google検索

お笑いコンビ『クワバタオハラ』のくわばたりえさんは、3人のお子さんがいて、最近ではママタレントとしても活躍していますね。

 

くわばたりえさん自身にチック症の症状は見られませんが、チック症の子どもを持つお母さんの悩みに答えるブログを書いたことで、大きな共感を呼びました。

小出恵介

引用元:Google検索

俳優の小出恵介さんは、インタビューでの落ち着きのない態度から、チック症を噂されていました。

櫻井翔(嵐)

引用元:Google検索

現在は報道番組『news zero』のキャスターとしても活躍中である嵐の櫻井翔さんですが、ニュースを伝える際に、ときどき目をぎゅっとつむる仕草を見せており、チック症ではないかという噂があるようです。

 

たしかにそういう表情をたまに見せますが、緊張したときのクセである可能性がありますね。

渋谷すばる

引用元:Google検索

元関ジャニ∞で歌手の渋谷すばるさんは、まばたきが多いことやあごをカクカクと動かす仕草から、チック症ではないかと噂されていました。

 

渋谷すばるさん自身、ファンから寄せられたチック症の相談に対するコメントという形で、自身もトゥレット症候群で悩んできたが、今は受け入れて周りに感謝しながら生きていることを告白しています。

 

ファンもこの告白を受け止めて、あたたかく見守っているようです。

ジミー大西

引用元:Google検索

お笑い芸人で画家のジミー大西さんは、常に落ち着きがない様子が芸風となり、師匠の明石家さんまさんにもマネされていますね。

 

ジミー大西さんは、その落ち着きのなさからチック症が噂されましたが、30歳を超えたころから画家としての才能を見出され、サヴァン症候群ではないかという別の噂も出てきました。

 

サヴァン症候群は、精神障害や知的障害を持つ人が、限られた特定の分野に優れた能力を発揮する症状のことを言います。

大悟(千鳥)

引用元:Google検索

お笑いコンビ『千鳥』の大悟さんは、今最も勢いのあるお笑い芸人で、テレビにも毎日のように出ていますが、まばたきが多いことや、ぎゅっと目をつぶるクセが見られ、チック症ではないかと言われています。

 

まばたきなどのクセについては、目が疲れている場合にも出る症状であるため、多忙すぎて目が疲労している可能性も考えられますね。

ティモンディー高岸

引用元:Google検索

お笑い芸人『ティモンディー』の高岸さんは、まばたきが不規則であったり、目を強くつぶったりする仕草をよくしていることから、チック症では?という噂が出ていました。

長瀬智也

引用元:Google検索

元TOKIOで現在ミュージシャンの長瀬智也さんは、まばたきを繰り返すクセや、下を向いて顔をカクカクさせるクセなどから、チック症ではないかと言われています。

ビートたけし

引用元:Google検索

ビートたけしさんは、よくモノマネされていますが、右肩を上げながら首をそちらへ傾ける仕草や、目を強めにつぶる仕草で有名ですね。

 

ビートたけしさん自身はチック症を公言していませんので、実際のところはわかりませんが、チック症を思わせる動作が、ひとつの個性として受け入れられていると言えるかもしれません。

ビリー・アイリッシュ

引用元:Google検索

ビリー・アイリッシュさんは2019年に、アメリカのテレビ番組へ出演した際、自身がチック症・トゥレット症候群であることを告白しています。

 

ビリー・アイリッシュさんは、チック症が好きではなかったけれど、まぎれもなく自分の一部であり友達として付き合ってきたと語っており、同じ悩みを持つファンと共感しあうことで、心が休まるようになったそうです。

 

ビリー・アイリッシュさんの告白は多くの共感を呼び、同じ悩みを持つアーティストが病気を告白するきっかけにもなりました。

ビル・ゲイツ

引用元:Google検索

マイクロソフトの創業者の一人であるビル・ゲイツさんは、体を常に揺すっているクセがあり、チック症だと噂になっていました。

 

ビル・ゲイツさんはまた、発達障害のひとつであるADHDではないか?という噂もありますが、本人が公言しているわけではなく、実際どうなのかはわかりません。

ぼんちおさむ

引用元:Google検索

お笑いコンビ『ザ・ぼんち』のぼんちおさむさんは、強いまばたきを繰り返すクセが頻繁に見られ、それ以外にも特徴的な動作が多いことから、チック症やトゥレット症候群の噂があります。

 

名前を言うときに、さんざん溜めこんでから最後に大声で「おさむちゃんで~す!」と言うギャグがあり、21種類あると言われる自分のクセを、ギャグとして活かしている部分があるかもしれませんね。

松田宣浩

引用元:Google検索

プロ野球の松田宣浩選手は、ホームランを打った後のお決まりのポーズ「熱男~!!」で有名ですが、ヒーローインタビューなどで話すときに、まばたきが多いことからチック症の噂が出ていました。

 

ただ松田選手の場合は、極度のあがり症から、まばたきが多くなっていたことが判明しており、キャリアを重ねてきた最近では、症状も治まっていると言われています。

水川かたまり

引用元:Google検索

お笑いコンビ『空気階段』の水川かたまりさんは、コント中やインタビューでのまばたきの多さや不規則性から、チック症ではないかと言われています。

芳根京子

引用元:Google検索

女優の芳根京子さんは、バラエティ番組にゲスト出演した際に、まばたきの数が多かったことから、チック症ではないかと言われていました。

 

ただ、ドラマなどで演技をしている際には特に気になりませんので、緊張のストレスによる可能性がありますね。

チック症を公表している人は少ない

引用元:Google検索

23人の芸能人を見てきましたが、チック症ではないかと言われている人は多いものの、自分から公表している人はビリー・アイリッシュさん渋谷すばるさんの二人だけで、少ないのが実情です。

 

それでも、お笑い界ではビートたけしさんやぼんちおさむさんなど、チック症にも見える症状をひとつの個性にしている人がいますし、くわばたりえさんのブログなどで、少しずつ世間の理解も深まってきています。

 

今後はトゥレット症候群の原因が判明するなど、医療の進歩にも期待したいですね。

治療方法はあるのか

引用元:Google検索

治療方法はありますが、チック症の原因がはっきりしていないため、根本的な治療というよりは、症状を抑える方向での治療がされているようです。

 

症状が軽い場合は、薬による治療は行わず、ストレスの元を取り除いていくことが中心になります。

 

症状が重い場合は、抗精神病薬などの薬剤を用いて治療します。

 

ストレスを取り除くとはいっても、仕事や人間関係に起因するストレスの場合、取り除くのが難しいことも多く、悩ましいところですね。

生活で困ることはあるのか

引用元:Google検索

生活で困ることがあるかどうかは、その人の症状の程度や、置かれている状況によっても変わってきますので、一言では言えません。

 

一人で部屋にいるときに、まばたきの回数が多くなる症状が出ても、大きく困ることはないかもしれませんが、静かにしなければならない場所で、大声を出してしまう症状が出た場合、困ることになりそうですね。

 

生活に困るかどうかは、ケースバイケースと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!