石田ゆり子の若い頃の可愛いお嬢さんから現在の美淑女になるまでの年代別道のりがヤバすぎた!

どんなに美しい女性でも、時の流れには逆らうことはできません。
ただし、何事にも例外はあるものです。

例えば、石田ゆり子さん……とか?
デビュー前、そして初々しいデビュー当時から、現在の美淑女に至るまでの軌跡を追ってみました!

石田ゆり子の若い頃が可愛い!デビューまでの軌跡!

規格外の美女は、やはりデビュー前からキラリと光っています。
まずは、幼少期からスカウトされるまでをご紹介しましょう!

幼少期


出典元:ABEMA TIMES

1969年10月3日、東京生まれの石田ゆり子さん。
上の写真は、五歳当時のものだそうで、どこかの遊園地でしょうか。
とっても可愛らしいですね。

9歳で水泳を始める

石田ゆり子さんは、9歳から水泳を始めています。
なんと、その1年後にはジュニアオリンピックに出場し、平泳ぎで8位入賞という快挙!
才能があったのかもしれませんね。

ちなみに水泳を始めたキッカケは、妹の石田ひかりさんの影響だそうです。

小6から中3まで台湾にいた


出典元:Instagram

お父様の仕事の都合で、小6から中学卒業まで台北で生活していたそうです。
台北日本人学校に通っていました。
思春期を過ごされたということで、台湾には特別な思いがあるのかもしれませんね。

高校1年生のときにスカウトされる


出典元:Yahooオークション

石田ゆり子さんがスカウトされたのは、高校1年生の時でした。

ただ、ご両親が非常に厳しかったため、デビューには猛反対されたそうです。
スカウトの方が、お母さまを1年がかりで説得された後に、ようやくデビューできました。
ただ、お父さまには、数年間はナイショにされていたとのことです。

なお、妹の石田ひかりさんも、同じスカウトマンに見いだされています。

芸能界へのきっかけは真田広之さんに会いたいから!


出典元:まんだらけ

石田ゆり子さんが芸能界入りした動機は、なんと俳優の真田広之さんに会うためでした!
1983年公開の邦画『里見八犬伝』で、すっかりファンになってしまったそうです。

星野源さんとの対談で以下のように明かしています。

石田 『里見八犬伝』という映画を観て、親兵衛という役の真田さんを好きになって、私は真田さんと結婚するんだと思い込んでたのね。本当に、バカだから。
星野 はははは。いやいや、正常な女子高生ですね。かわいいです、うん。
出典元:Exciteニュース

デビューからの20年間の軌跡

ここで、デビューからの20年間を振り返ってみましょう。

1987年:18歳で全日空キャンペーンガールとしてデビュー


出典元:ミドルエッジ

石田ゆり子さんのデビューは、全日空(ANA)の沖縄キャンペーンガールでした。
高校3年生とは思えないほどの大人っぽさで、知名度が一気に上がっていきます。

選ばれた理由とは関係ありませんが、石田ゆり子さんのお母さまは沖縄出身という縁もあったりします。

1988年:19歳でドラマ「海の群星」にて女優デビュー


出典元:Twitter

1988年放送のドラマ『海の群星』で女優としてのキャリアが始まります。
名優、緒形拳さんとの共演でした。

1994年:24歳『彼女の嫌いな彼女』で掴んだ初主演


出典元:Twitter

初主演作品となったのは、1994年放送のドラマ『彼女の嫌いな彼女』です。
OLの恋愛と仕事を描いた作品で、同世代女子からの支持を得るキッカケともなりました。

1995年・2017年:26歳と48歳で「日本ジュエリーベストドレッサー賞」を2度受賞

石田ゆり子さんは、日本ジュエリーベストドレッサー賞を2度受賞しています!

1995年受賞時(後列左橋)

出典元:国際宝飾展
2017年受賞時(中央右)

出典元:国際宝飾展

1995年は20代部門、2017年は40代部門で、それぞれ受賞しました。

1994年~1996年:「美味しんぼ」で3年間ヒロインとして出演

1994年から1996年放送のドラマ『美味しんぼ』では、ヒロイン栗田ゆう子役を演じました。
やはり、まだまだ演技に初々しさが残っているような?

1997年:28歳で「不機嫌な果実」で主演を熱演


出典元:TBSチャンネル

1997年放送のドラマ『不機嫌な果実』では、主演として体当たりの演技が話題となりました。
不倫がテーマという内容でしたので、もちろん濡れ場シーンもあります。

こうして、ピュアなイメージから、本格派女優へと脱皮したのです。

1999年:30歳で個人事務所「風鈴舎」設立


出典元:Instagram

石田ゆり子さんと、妹の石田ひかりさんは、デビュー以来ボックスコーポレーションという芸能事務所に所属していました。

1999年、二人で『風鈴舎』という事務所を設立して独立します。
ただ、石田ひかりさんは、その後テンカラットという事務所に移籍しました。

移籍理由は不明ですが、不仲というわけではありません。
上の写真は、子供の時に通っていたスイミングスクールに、お二人で訪れた際の写真です。

2016年:恋ダンスが素敵すぎる


出典元:Exciteニュース

恋ダンスが話題になった2016年放送のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』にも出演されています。
そして、なんと石田ゆり子さん自身も、恋ダンスをテレビで披露しているんです。

とっても可愛いらしいダンスでした!

【完璧女優の警告】石田ゆり子は結婚したかった!「独身はおススメしない!」が心に突き刺さる…

若い頃に対しての世間の声が大絶賛すぎる!

出展:Twitter

出展:Twitter

出展:Twitter

やはり、世間でも、若い頃の美しさが大絶賛されていますね。
ただ、今でも十分にキレイという声も数多くありました。

まとめ

10代の頃の初々しさや、20代の頃のキラキラ感は、ホントに眩しいですね!

とはいえ、アラフィフとなっても、若々しさと美しさを失わない石田ゆり子さん。
きっと、これからも魅力的な女優であり続けることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.