【無敵時代のコンプレックス】松本まりか、リュック役で抱えたコンプレック ス暴露「普通の声がよかった」

お綺麗で、仕事も順調な女優の松本まりかさん。
何のコンプレックスも無さそうですが、実は〇〇がコンプレックスだったのです!
今回は、彼女のコンプレックスに迫ってみましょう。

松本まりかは名作「FFX」のリュック役だった!


出典元:Yahoo!画像

日本、そして世界でも大ヒットしたゲーム「ファイナルファンタジー10」
その中で、メインキャラクターである「リュック」の声を、松本まりかさんが担当されていました!

「リュック」は黒歴史!?

松本まりかさんにとって、FF10のリュック役は黒歴史?という噂があります。
理由は以下の二つです!

  • 声優の演技が、一部の人に言わせると下手だった。
  • テレビなどで、リュック役であったことを言わない。

下手かどうかは好みの別れるところでしょうが、声優っぽくない演技だったのかもしれませんね。
なお、テレビでは特に言っていませんが、ツイッターで以下の発言をされています。


出展:Twitter

ですので、まったく黒歴史ではないでしょう!

声にコンプレックスがあった!

松本まりかさんの魅力だと思うのですが、ご本人としては「子供のような声」がコンプレックスだったそうです。

社会学者の古市憲寿さんから受けたインタビューで以下のように語っています。

声優の仕事に恵まれるほど特徴的な声について、松本は「すごく子供みたいな…」と戸惑いつつ「結構コンプレックス」だった
出典元:中日スポーツ

ただ、別のインタビューで、コンプレックスを克服されたことも語っていました!

声優業界には私の声を認めてくださる方がいた
出典元:anewマガジン

声優のお仕事で感じたコンプレックスを、同じ声優の仕事で認められることで解消されたようです。

意外と多い!声優でのお仕事一覧

FF10のリュック役以外では、以下のような役があったようです。

  • それいけ!アンパンマン(2005年) 役:いちごちゃん
  • シュガシュガルーン(2005年) 役:ショコラ=メイユール
  • Paradise Kiss(2005年) 役:櫻田実和子
  • UN-GO(2011年) 役:佐々風守
  • ポケモン・ザ・ムービー XY 破壊の繭とディアンシー(2014年) 役:カナタ

かなり、幅広く演じられてますね!

松本まりかが声優の仕事をしていたことに驚きの声が!

 


出展:Twitter


出展:Twitter

みなさん、まさか?と驚かれているようです。

まとめ

FF10のリュック役が声優業のキッカケとなり、女優業にも繋がったのでしょう。
これからも、女優業、声優業ともにご活躍されるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.