松重豊の娘の仕事は映像関係者!愛娘の成長と配役が重なり思いにふける!

松重豊さんは、黒島結菜さんと共演したCMの父親役も好評です!
そんな松重豊さんの、実際の娘さんについて調べてみました。

娘の仕事は映像会社!

松重豊さんの娘の仕事は映像関係の会社である事を、ラジオADである弟さんがインタビューで語られています。

娘の仕事と自分を重ねる父・豊

松重豊さんは、ご自身のブログで、娘さんの名刺を見て以下のように語られています。

新社会人となった娘の、
名刺をじっと眺めている。
今度のドラマもそんなおはなし。
引用元:公式ブログ

ブログで語られているドラマは、2016年放送TVドラマ『重版出来』です。
松重豊さんはドラマで、週刊コミック誌の編集長、和田 靖樹訳を演じました。


引用元:TBSチャンネル

映像関係の仕事ということですが、出版社の映像部門で働かれているのかもしれませんね!

大学で美術を学んでクリエイターへ!?


出典元:公式ブログ

松重豊さんの公式ブログへのコメントで、「たしか、美術を学んでおられたとか。」というコメントがありました。
大学時代は、映像に関わる学科で学ばれたのかもしれませんね!

年齢は息子の2歳上

松重豊さんの娘は、弟である松重暢洋さんの二歳上です。
松重暢洋さんさんの誕生年が1995年ですので、姉は1993年生まれということになります。


出典元:ザ・シネマ

松重豊さんブレイクのきっかけともなった映画「地獄の警備員」の公開年が1992年です。
その翌年に誕生されたわけですから、二重の喜びになったかもしれません。

父娘の関係は良好!

松重豊さんの娘はすでに独立した成人です。
インタビューで、「年を重ねたことでプラスになったことは?」という質問に以下のように答えられています。

ときには息子、娘の助言を受けて、自分が見ている景色とは違うところに連れて行ってもらうこともできる
出典元:朝日新聞Reライフネット

とても良い関係を構築されているようです!

黒島結菜は娘役として共演!百戦錬磨と大絶賛!

松島豊さんは、共演の黒島結菜さんについて、演技の「キャッチボール」が上手くいったと絶賛されています!

まとめ

松重豊さんは、映像関係の仕事で働かれている娘さんとも関係良好の様子です!
ラジオADの息子さんも含め、素敵なご家族ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.