【一瞬で消えた夢】水谷豊の娘・趣里がどん底から掴み取った女優業 という第2の人生!

ドラマ『相棒』で主演を務める水谷豊さん。
人気俳優である彼の一人娘も、女優をされているとご存じでしたか?

「趣里」という本名で、多数のドラマ、映画に出演しています。
そんな彼女の生い立ちと魅力に迫ってみましょう!

水谷豊の娘・趣里はバレリーナを目指していた!

趣里さんは、最初から女優志望だったわけではありません。
なんと、バレリーナを目指していたんです。

4歳からバレエを習う

4歳から井上バレエ団にて、バレエのレッスンを受けていました。

小学5年生の時に、「くるみ割り人形」の主役に抜擢されたそうです。

これをキッカケにして、バレリーナを本気で目指すようになりました。

2006年にイギリスへバレエ留学

バレエに没頭する趣里さんは、中学卒業後にインターナショナルスクールに入ります。
これは海外留学するための準備だったようですね。


出典元:Wikipedia

同年9月には、イギリスの「Arts Educational Schools」に入学しています。

「Arts Educational Schools」は、ロンドンにある舞台芸術を教える私立校です。

2008年、ケガによりバレエの夢を断念・・・

午前は座学、午後はバレエレッスンという生活を送っていた趣里さん。

ところが、2008年にアキレス腱断裂と、足首の剥離骨折という大ケガをしてしまいます。

ケガをした時について、インタビューで以下のように語っていました。

「レッスン中、ジャンプの着地の時に足を変な方向についたまま、続けてジャンプしたら足に体重以上の負荷がかかって。「あ、捻挫した」って思ったんですけど、捻挫どころじゃなかった。」
出典元:HIGHFLYERS

その後、医者から「以前のようには踊れない」と告知され、バレリーナの夢を断念し帰国しました。

人生のどん底から女優としての第2の人生を歩む!

挫折しどん底状態だった趣里さんを救ったのは、岩松了さんの舞台でした。

舞台に、バレエとは異なる美しさと、何より「芝居の力」を感じたそうです。

こうして、趣里さんは、女優を志すことになりました。

2011年、「3年B組金八先生ファイナル」でデビュー


出典元:ORICON NEWS

2011年放送のドラマ『3年B組金八先生ファイナル〜「最後の贈る言葉」4時間SP』が、趣里さんの女優デビューとなりました。

水谷豊さんの娘であることを隠し、オーディションを受け見事に合格しています。
ドラマでの役は、何と金八先生に恋するJKでした!
また、デビュー作でありながら、実年齢より5つ下の役を違和感なく演じています。

プロデューサーからも高い評価を得たようですね!

2012年、大学を中退し女優業に専念する


出典元:MANTAN WEB

趣里さんのデビューは大学在学中でした。
イギリスから帰国した後は、日本大学芸術学部演劇学科で学ばれていたのです。

ところがデビュー後から多忙となり、悩んだ末に大学を辞め女優に専念することを決意しました。
大学4年生ということもあり卒業しかったそうですが、中途半端になることを嫌ったのでしょう。

2012年、大学を中退し、本格的に女優活動に専念することになります。

2018年にアカデミー賞を受賞!


出典元:『生きてるだけで、愛』公式

順調にキャリアを重ね、2018年公開の映画『生きてるだけで、愛』では主演を務めました。

なんと本作では、服を脱いで全力疾走するというシーンにも挑戦しています。
そんな熱演が評価され、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞に輝いたのです!

挫折を経験し、それでも夢を追い続けた趣里さんの思いが実った瞬間だったかもしれませんね。

父・水谷豊は娘の芸能界入りは反対だった


出典元:スポニチ

アカデミー賞まで受賞した趣里さんですが、父親である水谷豊さんは、芸能界入りに反対だったそうです。

13歳から芸能界で苦労された水谷豊さんとしては、一人娘には普通の幸せを掴んで欲しいという思いがありました。
また、「二世タレント」という難しい立場になることも心配されたのでしょう。

父娘の不仲説が浮上した!?


出典元:女性自身

趣里さんと、父親である水谷豊さんとの不仲説は2回ありました。

1回目は、2012年当時に交際同棲していた俳優の田島優成さんが、寝坊したために舞台が中止になってしまった時です。
もともと交際に対して心配していた水谷豊さんは大激怒したそうです。

2回目は、アカデミー受賞作となった『生きてるだけで、愛』のヌードシーンでした。
これに対して水谷豊さんは、以下のように不快感を口にしたとの報道がありました。

『自分に相談がなかった。一度ヌードになると役柄が狭まる』
出典元:文春オンライン

とはいえ、いずれも子を想う親心が原因ですので、現在の関係は良好です。

趣里は両親のいいところを受け継いでいる

趣里さんの父親は俳優の水谷豊さんで、母親は昭和の国民的アイドル、キャンディーズの伊藤蘭さんです。
完全に、芸能サラブレッドと言えるでしょう。


出典元:Real Sound

また、母親である伊藤蘭さんによれば、ご両親のいいところを受け継がれているようです。

顔は私に似ているとよく言われますが、気質は夫似。努力家で、お芝居に対する思いがすごく強いですね。何か言ってこない限り、こちらから口を出すことはほとんどありません」
出典元:女性自身

挫折を経験されても立ち上がり、アカデミー賞まで受賞されていますので、伊藤蘭さんのおっしゃる通りなのでしょう。

趣里の結婚観について

趣里さんは現在独身で、結婚願望もあまりないそうです。
独りでいる時間を楽しんでいるのかもしれません。

ただ、好きな男性のタイプについては、以下のように語ってくれています。

「ただ、裏方の方々が必死に走り回っている姿にはトキメキます。~(中略)~どんなに辛いことがあっても、それをユーモアに変えられる人は素敵だなと思います」
出典元:GINZA

端的に言えば、頑張っていて、ユーモアのある人が好き……ということでしょう。

まとめ

小柄で可愛らしい印象の趣里さんですが、挫折や逆境を跳ね返す、とってもパワフルな方ですよね。
これからも、脇役から主役まで少しクセのある役柄を演じ、視聴者を楽しませてくれそうです。

今後の活躍から、ますます目が離せません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.