京本大我と母・山本博美はお互い好きすぎる!現役アイドルと元アイドルの溺愛エピソード13選!

京本大我さんといえば父親が京本政樹さん!となりますが、実は母親も元アイドルで山本博美さんという芸名で活動していました。

結婚して引退していますが、現役アイドルの京本大我さんと元アイドルの山本博美さんの仲の良さは有名です。

そんな2人のお互いを好きすぎるエピソードをお届けします。

京本大我と母・山本博美が仲良しすぎるエピソード13選!

出典元:Instagram

京本大我さんと京本政樹さんはそっくりな親子として有名ですが、母・山本博美さん(本名は京本博美さん)とも似ているんですよね。

そんな山本博美さんとの仲良しエピソードをご覧ください。

仲良し①:セリフ覚えを母とする

出典元:Twitter

SixTONESが結成される前、映画『忍ジャニ参上!未来への戦い』に出演していた京本大我さん。

主演は関西ジャニーズJr.で、その敵側の忍者を関東のジャニーズJr.である京本大我さんと森山慎太郎さんが演じていました。

実は特別出演で京本政樹さんも出演しています。

この映画の舞台挨拶で「セリフをどのように覚えているのか」と質問された京本大我さんは、母親にチェックしてもらっていると答えていました。

役者の大先輩でもある父親・京本政樹さんとは逆に緊張しすぎてしまって練習にはならないそうです。

役者同士、家に帰ってまで仕事の話はしたくない、という思いもありますよね。

逆に母親はシビアで細かくダメ出しをするタイプのようです。

仲良し②:料理が上手

出典元:Twitter

京本大我さんは母親が料理が上手ということをよくテレビ等で話しているのですが、お正月には豪華なお節料理まで作っちゃうんですね。

かなりの腕前なのでしょう。

どこの家庭にも母親の味というものがあって、他の誰にもまねできない味になっていると思います。

その母親の手料理が上手でおいしかったらなおさら自慢ですよね。

京本大我さんの母親の料理の腕前はかなりなもののようで、京本大我さんは母親の作るエビフライが大好物のようです

その料理の腕前に関してはSixTONESのメンバーも認めていて、森本慎太郎さんも「エピフライはめっちゃおいしい!」と絶賛しています。

田中樹さんからは「きょも(京本大我さんの愛称)のママの味噌ラーメン超ウマ」と言われ、高地優吾さんからは「きょものママのご飯食べに行こう!」という言葉も出ています。

出典元:Twitter

そんな料理上手な母親の影響で、ついには自分でおいしいものを作りたい!と料理を始めた京本大我さん。

いろいろと母親に教えてもらいながら、今ではかなりの腕前のようです。

マヨネーズで京本家の危機

おいしい料理が食卓にならぶ京本家ですが、ちょっと京本大我さんにはファンにドン引きされるほどのマヨネーズ愛があるようです。

実は京本大我さんはマヨラーだったんですね。

白米にマヨネーズはよく聞きますが、京本家ではおでんにもマヨネーズをかけるそうです。

おでんの時には母親が当然のようにマヨネーズを食卓に出してくるそうで、お好み焼きにかけるような量をかけて食べているとラジオで放送したらファンからドン引きのメッセージが。

ラジオを聴いていた京本政樹さんからも「マヨネーズをかけるのは本当」と連絡がきて田中樹さんからは京本家の危機だ、と言われていました。(笑)

仲良し③:母と同居中!?

出典元:Twitter

京本大我さんの実家は東京都渋谷区にある大豪邸と言われていて、両親と3人で暮らしているようです。

一時、自立してひとり暮らしを始めたのではという声も聞かれましたが、仕事に行くにも便利な場所ですし、わざわざひとり暮らしをはじめることもないということで噂に終わっています。

コロナ過でラジオの番組をそれぞれの自宅からリモートで配信している時に、父親の京本政樹さんが帰ってきて覗いている、という楽しいエピソードも語られていました。

放送当時24歳だった京本大我さんが実家暮らしだったということで、驚いたファンも多かったようです。

出典元:Twitter

こんなほっこりした団らんエピソードも。

出典元:Twitter

2022年10月に『踊るさんま御殿』に出演した際にはこんなことを言っているので、ひとり暮らしを始めているのかもしれませんね。

ただ忙しすぎて自宅ではすれ違いが続いているだけかもしれませんが。

仲良し④:母の日

出典元:Twitter

5歳だった京本大我少年が母のために書いたメッセージカードがこちら。

一生懸命描いたんでしょうね。

母・山本博美さんも嬉しかったはずです。

オトナになってからはクリームを贈ったりしているようです。

仲良しの母の喜ぶ顔がみたくていろいろとチョイスしているんでしょうね。

仲良し⑤:「母ちゃん」と呼ぶ

出典元:Twitter

京本大我さんは母親のことを「母ちゃん」と呼んでいるようです。

SixTONESのMVについて話し合っているとき、「目から血を流すってどう?」という案にが出ました。

そして即座に京本大我さんが答えたのは、

「俺の母ちゃんがそういうの嫌いなんだよ」

「母ちゃんが悲しむことは出来ないな」

でした。

母親思いの優しい息子さんなんだな、と思うと同時に「母ちゃん」って呼んでるんだ……と京本大我さんの素の部分が見えてほっこりしたファンも多いようです。

仲良し⑥:おやつはショートケーキ

出典元:Twitter

京本大我さんの子どもの頃のおやつはショートケーキ。

出典元:Twitter

毎年家族旅行でハワイに行くようなご家庭ですから、おやつも上品だったんですね。

仲良し⑦:母にやさしい息子

京本大我さんには反抗期というものはなかったようで、いつも母親にはやさしく接していたようです。

Six TONESのライブ配信前の楽屋でもそのやさしさを発揮していたというエピソードがあります。

ライブ配信を1時間後に控えた楽屋にいた京本大我さんにかかってきた1本の電話。

それは山本博美さんからの電話でした。

その日のライブ配信を見るために京本大我さんは自身のポケットWi-Fiを置いてきたらしいのですが、パスワードの設定などがうまくいかず繋げなかったようなのです。

ライブへの準備もある中、怒ることもなく無事につなげるまで根気強く教えていたそうです。

仲良し⑧:息子のデビューに対しての気持ちを語る

ジャニーさんからスカウトされてジャニーズ事務所に入所した京本大我さんですが、デビューへの道のりは決して平たんではありませんでした。

「(大我のデビューに関して)周りの方にたくさん支えられたので、恩返しになったと思います」

京本大我さんのデビューについて、父親の京本政樹さんに話を聞きに行ったところ不在だったので、母親の山本博美さんが代わりに応じてくれていました。

「12歳でJr.に入ってから13年なので……。(焦りは)私はなかったのですが、息子が10代のときはあったかもしれませんね。でも、20歳くらいからは、とにかく目の前のことをしっかりとやろうと思ったようです。“実力をしっかりつけないと”と」
引用元:週刊女性PRIME(2020年1月13日)

こう答えてくれていた山本博美さんは、息子・京本大我さんには京本のような俳優になってほしいかと聞かれ、

「いえ、まったくありません。いただいたお仕事をしっかりやってくれれば……」

と答えていました。

仲良し⑨:食事管理の徹底をする母

出典元:Twitter

料理上手と言われるだけあって、家族の食事管理も徹底していた山本博美さん。

京本大我さんがジャニーズに入るまでは、いわゆるジャンクフードと呼ばれている食品は食べさせてはいなかったようです。

ジャニーズに入所してカップラーメンやポテトチップス、炭酸飲料などの味を知り、その味に感動した話を聞いた山本博美さんは「ついに知ってしまったのね」とショックだったようです。

仲良し⑩:母の電話番号は暗記している

出典元:Twitter

京本大我さんは母親の携帯電話の番号をしっかりと覚えていて事なきを得たことがあるんです。

お酒を飲んだ勢いでなぜか携帯のパスワードを変えてしまったことがある京本大我さん。

朝、起きたら携帯のパスワードがわからず携帯が見れなくなってしまったのですが、固定電話から母親の携帯に連絡して対処法を聞き出したそうです。

普通、携帯から携帯に電話をしてしまうので、相手の携帯番号までは覚えていませんよね。

自分の携帯番号すら覚えていない人も多いはずなのにさすがです。

仲良し⑪:母からパンツをもらう

出典元:Twitter

アイドル・京本大我さんが穴あきパンツをはいていたなんてちょっと意外ですよね。

母親としてはいつ何があるかわからないので、息子にはいつもちゃんとしたパンツをはいていて欲しいと思ったのでしょう。

パンツってなかなか自分では買わないものなのでしょうか。

仲良し⑫:クリスマスケーキを一緒に

山本博美さんはアイドル時代からお菓子を作ることが好きだったようで、クリスマスケーキは毎年手作りだったようです。

そして、母親大好きな京本大我さんはそれを手伝っていたんですね。

仲良し⑬:ananで発狂する母

出典元:Twitter

グループとは別にソロでもananの表紙を飾るということは本人にとって栄誉あることであり、ファンにとっても同じくらいうれしいこと。

母「今日は何の仕事?」

京本大我「ananの撮影」

このやりとりの後の母親のテンションはかなり高かったそうです。

ananの表紙と言えば、最も注目されている旬な人が起用されるものなので誇らしいことなのでしょう。

息子は母に似てる!

出典元:Twitter

この画像で見比べてみると、やはり親子!よく似ています。

京本大我さんと言えば、京本政樹さんにそっくりだと思っていましたが、母親にも似ていたんですね。

ということは、京本家の豪邸には同じ顔の3人が暮らしていることに!?

夢のような空間がそこにはあるんですね。

京本大我の母・山本博美は元アイドル!

出典元:Twitter

京本大我さんの母・山本博美さんは、花の82年組と呼ばれるアイドル全盛期にデビューしたアイドルグループ『CANCAN(きゃんきゃん)』のメンバーでした。

1980年に毎日放送の『ヤングおー!おー!』のミスコンテストで優勝してCM出演したのがきっかけで内定していた銀行への就職を断って芸能界にデビューしています。

京本大我さんは当時『ヤングおー!おー!』に出ていたさんまさんの番組『踊る!さんま御殿』に出演した際に、太田光さんたちにいじられていました。

佐久間大介の母と同じグループのアイドルだった

出典元:Twitter

京本大我さんとは幼なじみの佐久間大介さん。

母親同士が『CANCAN(きゃんきゃん)』で一緒に芸能活動をしていました。

『CANCAN(きゃんきゃん)』は、活動期間は1年ほどでしたがメンバーの3人の交流は今でも続いているようです。

佐久間大介さんはSnow Manのメンバーなのでグループは別々なのですが、Six TONESとはジャニーズ史上初のカップリングという1枚のCDでの同時デビューを果たしています。

息子同士が同じジャニーズ事務所で活躍しているのもうれしいですね。

佐久間大介のダンスが美しすぎてヤバイ…!バレエで鍛えた神レベルの技を集めてみた!

父・京本政樹との馴れ初め、そして引退へ

出典元:デイリー

1992年6月15日、当時芸能人が結婚式を挙げることで有名だった東京のサレジオ教会で挙式しています。

披露宴には同じく1982年デビューの中森明菜さんや三田寛子さんなどが出席していました。

京本政樹さんと山本博美さんは、1988年の京本政樹さん主演の舞台『新吾十番勝負』で共演したことがきっかけで知り合ったのですが、当時京本政樹さんは既婚者でした。

その後、バツイチとなった京本政樹さんは、実は一目ぼれしていたという山本博美さんに猛アタックして交際をスタートさせ、「ついて来てほしい」とプロポーズし結婚に至ったようです。

山本博美さんはアイドルの後は女優として活動していましたが、結婚を機に引退し専業主婦になっています。

京本大我の母と、小池徹平の父が親戚同士だった!

出典元:Twitter

京本大我さんの母・山本博美さんと小池徹平さんの父親がいとこなので、京本大我さんと小池徹平さんは『はとこ』ということになります。

有名な芸能人同士が実は親戚だったという話はよくありますが、はとこってかなり近い関係ですよね。

こちらが家系図です。

出典元:Twitter

まとめ

京本大我さんと母親・山本博美さんの仲の良さはメンバーやファン周知のこと。

ただべたべたと甘やかすのではなく、きっちりと一般的な教育もしているので今の京本大我さんがあるのでしょう。

そんな仲良しの母と息子の間にしっかりと入り込んでいる京本政樹さんの存在もなんだかかわいらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.