【日本一自由な2世たち】松山ケンイチと小雪の子供は東京と北海道で経験値2倍!父の「どうしても受け継いでほしい」こととは?

松山ケンイチさんと小雪さんは芸能界のビッグカップルですね!

3人の子供にも恵まれ、幸せに暮らしているということですが・・・

実は、この3人が北海道と東京2つの小学校に通っているとか!

今回は特別な子育てを行っている、松山一家の秘密にせまります!

松山家の子供は3人で名前は全員非公開!


出典:Oricon News

松山一家のお子さん達は3人!

男の子が2人、女の子が1人という2男1女の家族構成となっています。

そんなにお子さんがいたんだ!知らなかったかも

ちょっと詳細をみてみようか

子どもたちについて

出典:週刊女性PRIME 第一子 男 2012年1月5日生まれ
出典:週刊女性PRIME 第二子 女 2013年1月10日生まれ
出典:週刊女性PRIME 第三子 男 2015年7月8日生まれ

全員名前は非公開となっており、ほとんど芸能界での露出もありません。

名前を公開しない理由は子どもたちのプライバシーを考えて、ということのようですね。

3人もお子さんがいたら大変そうだ~!

実はね、普通の家庭よりも大変な生活を送っているっていう情報があるんだ。
え?どんな生活を送ってるの?

それが、東京と北海道の2つの土地を行き来して子供を両方の小学校に通わせてるらしいんだ

東京と北海道、2つの小学校に通わせている!

実は、松山さんのお子さんたちは東京と北海道の2つの小学校に通っているのです。

え!そんなことできるの?

うん、区域外就学っていう制度を使えば可能みたいなんだ

区域外就学とは


出典:Unsplash

本来小学校に通う場合、私立ではない場合は通学区域に住んでいる必要があります。

北海道に住んでいるのに東京の小学校に通うことは難しいため生まれた制度と言えますが、区域外就学ではこれを無視することができるのですね。

就学していた学区から異なる学区へ移動した場合、移動先の学区にある学校へ入学することが原則であるが、引越しなどが理由で住所が異なる学区に移動した場合であっても、教育委員会からの許可があれば移動前の学区に継続して通うことが出来ると定められている。
出典:Wikipedia
あ~、そっか!急な引っ越しで慣れ親しんだ学校じゃないところに行くのってストレスだもんね

それ以外にも、住民票が動かせないような理由がある人にとっても救済となる制度みたいだよ
区域外就学とは
  • 住んでいる場所にある学校ではない学校へ通える制度
  • 誰でも好き勝手に申請できる制度ではない
  • 事前にその学校に通っていた実績が必要な場合もある
  • 引っ越しがストレスな子供DV被害などでパートナーから逃げている人などが利用している

松山さんたちの場合は、1年の間に北海道に住む期間と仕事で東京に住む期間があるようでした。

いまは事務所にも協力してもらって仕事を調整し、年の半分くらいはその村で過ごすようにしています。子どもの学校については、区域外就学制度というのがあって、住民登録されていない子でも村で過ごす期間は地元の小学校に通わせることができるんです
出典:デイリー新潮

つまり、山さんの場合は区域外就学制度を使用して北海道の小学校に通わせているということになりますね。

学校はどちらも公立!

ここで気になるのは通っているという2つの小学校についてです。

公式にどの小学校に通っているという情報は公開されていませんでしたが、断片的に語られる情報を集めてみました。

4月上旬の朝、閑静な住宅街にある区立小学校で行われた入学式には、ラフな服装の芸能人パパ・ママがそろった。松山ケンイチはキャップをかぶり、グレーのロングTシャツにジーンズという入学式には似つかわない姿で登場。
出典:週刊女性PRIME

こちらの小学校には、野性爆弾のくっきーさんのお子さんも通っているようです。

松山ケンイチ&小雪夫妻、『爆笑問題』の田中裕二&山口もえ夫妻、『野性爆弾』のくっきーは、渋谷区のC小学校に子どもを通わせているという。
出典:FRIDAYdigital

渋谷区のC小学校という所に通っている、という情報も出てきましたね。

いくつか候補はありますが、公立の小学校で芸能人のお子さんが多く通うという特徴を当てはめると、渋谷区西原小学校の可能性が高いでしょう。

東京にいる間に通っている小学校は渋谷区西原小学校の可能性大!


出典:Google Map

西原小学校の周辺は閑静な高級住宅街がずらりと建ち並んでいます。

富裕層のお子さんが通うことも多い小学校のようでした。

へ~、芸能人の子供が多いから通わせるのも安心なのかな

どうだろうね?わからないけど、松山さんのお子さんたちが楽しく通えているといいよね

北海道の小学校は森町の小学校の可能性大!


出典:Google Map

松山さんは公式には「田舎に移住して」としか発言していません。

ですが、こんな情報がちらほら見られました。


出典:Twitter

森町って北海道のどのあたり?

函館空港から車で1時間くらいのところだよ

森町はほどよく田舎で、空港にもアクセスがしやすいという東京に行き来する松山さんたちには絶好の立地と言えるでしょう。

森町には多くの小学校がありますが、この中のどこかにお子さんが1年の半分ほど通っているのかもしれませんね。

父・ケンイチの「どうしても受け継いでほしい」こととは?


出典:ぴあ関西版web

松山さんは主演映画である「川っぺりムコリッタ」のPRの際にこんな事を口にしています。

「僕は3人の子供がいるのですが、どうしても子供たちに受け継いでほしいあることがあります。それは一体何でしょう?」というクイズを出題した。答えは「青森の方言」。
出典:Sponichi Annex

松山さんは青森出身の方で、一人称がワイであったりと独特の言い回しが多い方です。

「自分のことは“わい”って言ってもらいたいし、そうでしょを“んだべ”って言ってほしい。ちゃんと“わい”って言わなきゃダメなんだぞっていうのをきちんと伝えていきたいと思います」
出典:Sponichi Annex
もっと秘伝のタレを受け継いでほしいとか、役者のイロハを~とかかと思ってたけど、方言か~!

小雪さんは標準語らしいから、家の中で青森弁が1人だと寂しいのかも

子育て論が頼もしい!

松山さんが複雑な東京と北海道の2拠点生活を初めたのはある子育て論が理由でした。

もともと、松山さんは青森で自然に囲まれて幼少期を過ごしていたそうです。

当時の自分の生活とくらべてみると、東京で過ごす生活は窮屈に思えたようですね。

東京ってすごく気を遣いながら生活をしないといけない場所ですよね。例えば、マンションに住んでいれば、騒音や子どもが走り回る音が近所に迷惑にならないように気をつけないといけない。
出典:デイリー新潮

都心だとどうしても、密集してることもあって気疲れしちゃうことってあるよな~
それで田舎暮らしになったのかな?

田舎暮らしを選んだ理由は「我慢をさせない」子育て論があったから

松山さんは東京での生活で子どもたちに我慢をさせたくないという思いがあるようです。

その他にも、こんな事も口にしていました。

松山は「ケンカしてるのも止めないし、いききる所までいった方がいい」などと自身の子育て論を語っている
出典:エキサイトニュース

寛容な父親像かと思いきや、たくましく育ってほしいという思いもあるようで・・・

松山は「『ウォシュレットしか座れません』という子どもにしたくないんですよ」と持論を展開したが、国分に「じゃあ、ウォシュレット家には無いんですか?」という質問には即座に「あります」と答えてスタジオからは笑いが起きていた。
出典:エキサイトニュース
フフ、気持ちはなんとなくわかるかも!どんな場所でもたくましく生きられるようになってほしいんじゃないかな?

うん、そういうことだと思うよ

妻・小雪との馴れ初めは?


出典:感じる存在感

松山さんと小雪さんの馴れ初めは2009年に放映された映画「カムイ外伝です。

当初は松山さんとの交際に乗り気ではなかったという小雪さんは、なんと4回も告白をお断りしていたというのだから驚きですね!

それでもめげずに何度も告白をし続けた松山さんは、無事に小雪さんとゴールイン!

わ~!4回フラれてもめげないなんてすごい!

それだけ小雪さんに対して真剣だったんだろうなぁ

無断転院で韓国で告訴された!?


出典:Girls Channel

小雪さんは第1子を日本の産院で出産後、新生児育児の過酷さのあまり産後うつを発症しています。

その影響で第2子はもっと産後のケアをしっかりしてくれる産院で産もうと決意されたようでした。

そうして選ばれたのが韓国の産後調理院と呼ばれる施設です。

産後調理院とは


出典:YouTube

日本では産後ケアセンターと呼ばれることが多いのですが、韓国では産後調理院と呼ばれているようですね。

ここは出産後の母親と子供が長期滞在する、育児の手助けをする施設です。

この施設にはグレードが存在し、セレブが使う施設一般の方でも入りやすい施設と韓国では様々な産後調理院が用意されています。

小雪さんはセレブが使う高額な施設を予約していたそうなのですが・・・

サービス内容に不満があった?まさかの無断転院騒動

出産もこの産後調理院で行おうと決意していた小雪さんでしたが、なんと無断で転院してしまったそうなのです。

韓国の複数のメディアによると、A産後ケア施設側は小雪が今月7日、事前に何の知らせもなく別の産後ケア施設に移る過程で、身元不詳の女性2人が無断侵入し、診療費や利用料など170万ウォン(約14万円)を支払わなかったことに対して訴状を提出した。
何も言わないでバックレちゃったって、事?

小雪さん側の意見はわからないけど、その産後調理院側はそう言ってるみたいだね
警察側は「産後ケア施設を移動する過程で誤解が生じたもの」とし「小雪さんはすぐに170万ウォンを支払い、A産後ケア施設側も15日午後に告訴を取下げた」と明らかにした。
ムム、結局お金は支払ったんだ。じゃあこの病院に不満があったのかな

真相はわからないよね、ネットでは芸能人扱いしてもらえなかったからって言われてるけど・・・

ケンイチパパに対する世間の声


出典:Twitter


出典:Twitter


出典:Twitter

子供にしっかりと向き合っている事があらゆる場面から伺えますね。

松山さんは子どもたちにとって良いパパであろうと頑張っているようです!

まとめ

今回は松山ケンイチさんと小雪さんの自由な子育てについて見ていきました。

MEMO
  • 松山さんのお子さんは3人長男、長女、次男の順で出産
  • 北海道と東京の2つの公立小学校区域外就学制度を使用して通学
  • 松山さんは子供に強くたくましく育ってほしい

子供のためになることを探し、全力で取り組む松山さんと小雪さん。

区域外就学制度というものを利用しての東京と北海道での生活、ぜひ楽しんでほしいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.