【中学で20cm以上伸びた】大谷翔平の身長が193cmになった3つの理由が奇跡の身体を生んだ!

大谷翔平さんは、193センチですが、中学で20センチ以上伸びています。

大谷翔平さんの身長が伸びた理由とは、一体、何なのでしょうか?

大谷翔平の身長は193cm!

 

引用:Yahoo!検索

大谷翔平さんの身長は、エンゼルスのHPで、193センチとなっています。

これは、20代男性の平均身長の171.5センチよりも、20センチ高くなります。

ほかの野球選手と比較する!

他の野球選手と比較してみましょう。

比較①:ミゲル・カブレラ(193cm)

引用:Twitter

メジャーリーグで打者として恐れられているミゲル・カブレラさんです。

試合中にベースでやり取りしている姿になります。

ミゲル・カブレラさんの身長は、193センチとなっています。

殆ど同じ身長ですね。

大谷翔平さんとミゲル・カブレラさんは、ベースに足を置いています。

比較②:イチロー(180cm)

イチロー選手は、180センチです。

男性の顔の大きさは、平均で22~23センチになります。

大谷翔平さんは、イチローさんよりも、顔一個半よりも、大きく見えます。

大谷翔平さんは、イチローさんよりも、10センチは高いでしょう。

大谷翔平さんは、190センチ以上ように思われます。

193センチと近いですね。

比較③:ダルビッシュ(196cm)

引用:スポニチ

ダルビッシュ有さんの身長は、196センチとなっています。

ダルビッシュ有さんの方が、2~3センチ高く見えます。

大谷翔平さんは、193センチで間違いないでしょう。

引用:Yahoo!検索

アメリカの選手と並んでも、見劣りしません。

大谷翔平の身長の推移がヤバい!

大谷翔平さん 男子の平均身長
小学1年生 125センチ 116センチ
小学6年生 165センチ 145センチ
中学1年生 167センチ 152センチ
中学3年生 187センチ 165センチ
高校3年生 190センチ 170センチ

小学6年生の頃には、大谷翔平さんは、男子の平均身長よりも、20センチ高くなっています。

また、中学1年生から中学3年生の間には、20センチも身長が、伸びています。

すごい成長ですね!

ここまで身長が伸びた3つの理由

大谷翔平さんの身長が伸びた理由とは、一体、何なのでしょうか?

理由①:遺伝

引用:YouTube

大谷翔平さんのお父さん(徹さん)は、182センチ(平均身長165センチ)で、お母さん(加代子さん)は、170センチ(平均身長156センチ)です。

身長には、9割ほど両親の遺伝が関係しているそうです。

お父さんは、1962年生まれで、お母さんは、一つ下です。


出展:Twitter

お二人とも、その年代の平均身長よりも、15センチほど高いことが分かります。

勿論、遺伝しないこともあります。

大谷選手は、両親よりも、身長が高くなっています。

お父さんは、元社外人野球選手で、お母さんは、バドミントン選手だったようです。

身長の高い家族で、羨ましいですね笑

大谷翔平さんの身長には、両親の遺伝が関係していると言えるでしょう。

理由②:睡眠

一般的に、身長が伸びるのに必要なのは、睡眠だと言われています。

熟睡中に成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは、骨を伸ばすのに必要なホルモンとなっています。

熟睡中のある時間になると、多量に分泌されるそうです。

大谷翔平さんは、寝るのが好きで、良く寝ていたのだそうです。

居間でも、ソファでも、暇さえあれば、寝ていたそうです。

幼少期の頃は、お母さんが夕食の支度をしていると、ソファで寝ていたとか。

つねったり、叩いたりしても、起きない。

寝室へ運ぶと、夕食も食べず、朝まで寝ていたそうです。

小学生の頃は、夜9時から朝7時まで寝ていたそうです。

中学生の頃には、夜9時には「あー、もう寝なきゃ。寝なきゃ」と寝室へ向かったとか。

朝の6時まで寝ていたそうです。

高校の頃には、「寝なくてはいけない」と言われ、毎日8時間以上は寝ていました。

プロ野球になってからは、専用のマットを持ち歩いているそうです。

ベッドなど同じ環境で寝たいのだとか。

その結果、体にかかる負担は、軽減されていると感じるそうです。

大谷翔平さんは、今でも、睡眠を大切にしているそうです。

昼寝も、毎日、1~2時間しているのだとか。

たくさん寝ることで、大谷翔平さんの身長が伸びたと言えるでしょう。

理由③:食事


引用:Yahoo!検索

身長を伸ばすためには、栄養をしっかり取ることが大切だと言われています。

しっかり朝食を摂って、規則正しい生活をすることで、成長ホルモンが分泌されます。

身長を伸ばすというと、カルシウムを摂るというイメージがありますが、カルシウムだけでなく、バランスよく栄養を摂ることが、必要だとか。

これが成長ホルモンのエネルギーになります。

大谷翔平さんは、幼少期、食が細かったそうです。

しかし、両親は、「もっと食べなさい」など強制はしなかったようです。

お母さんは、食の細い大谷翔平さんのために、何とか楽しく食べられる雰囲気を作ろうと苦心していたとか。

その結果、週末は、家族揃ってホットプレート。

ホットプレートを囲めば、会話も弾み、知らず知らずのうちに大谷翔平さんも、たくさん食べられたそうです。

お母さんは、バドミントン選手だったことから栄養管理に気を使い、食事は必ず手料理だったとか。

中学生までは、やせすぎと評価されていたとか。

また、大谷翔平さんは、牛乳が大好きだったそうです。

中学生の頃には、毎日、1リットル飲んでいたそうです。

冷蔵庫に1リットルのパックを置いておくと、コップを使わずにそのまま飲んでいたのだとか。

大谷翔平さんは、高校入学時には、65キロだったのが、入学後にどんぶり飯を1日13杯食べ、高校卒業時には、90キロ近くまで増えたのだそうです。

中学生の頃からたくさん食べるようになった大谷翔平さん。

それが栄養となり、身長が伸びたのだと言えるでしょう。

大谷翔平が自分の身長について思うこと

引用:毎日新聞

大谷翔平さんの自身の身長についてのコメントは、見つかりませんでした。

身長が高いと、プライベートで目立ってしまうこともあるでしょう。

また、身長が高いと、体の使い方が難しくなります。

しかし、大谷翔平さんは、探求心があり、成長意欲があるため、これは、デメリットになっていないと言えるかもしれません。

身長が高いメリットとしては、手足が長く、速い球を投げたり、打球を遠くに飛ばすことができます。

これは、メリットの方が大きいかもしれません。

また、大谷翔平さんは、アメリカで活躍しています。

アメリカ人は、身長が高い人が多いため、目立ちすぎるということも、日本ほどないのではないでしょうか。

大谷翔平さんは、日々、どのように上手くなればいいか?体を強くするにはどうすればいいか?ということを考えて、生活を送っているため、身長が高いことは、デメリットになっていないのではないでしょうか。

大谷翔平の身長に対して世間が思っていること


出展:Twitter

等身大パネルと並ぶと、かなり差がでそうですね笑


出展:Twitter

大谷翔平さんほどの身長になると、野球のグラウンドも、小さいかもしれませんね笑


出展:Twitter

好きな女性のタイプは、身長が高い人。

大谷翔平さんから見ると、みんな低く見えてしまうかもしれませんね笑

まとめ

大谷翔平さんの身長は、193センチと言うことで、間違いなさそうです。

身長を伸ばすため、よく寝ているようですね。

皆さんも、大谷翔平さんと同じ方法を使うと、少しは、身長が伸びるかもしれません笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.